サッカーデンマーク代表 歴史•メーバー•成績などをまとめ!

サッカーデンマーク代表(デンマーク語: Danmarks fodboldlandshold)はデンマークサッカー協会(DBU)により編成されるデンマークのサッカーのナショナルチームである。

歴史

「ダニッシュ・ダイナマイト」とあだ名されるデンマーク代表は、古くからサッカーの強豪として知られていた。ワールドカップには長らく参加しない状態が続いていたが、1958 FIFAワールドカップ スウェーデン大会から参加した。欧州選手権ではしばしばベスト4に入る活躍を見せたが、最も注目されるのはUEFA EURO ’92での優勝である。ワールドカップ出場を2大会連続で逃したのち、1998 FIFAワールドカップ フランス大会では、ラウドルップ兄弟やシュマイケルらの活躍で過去最高のベスト8を記録した。2018 FIFAワールドカップは、2次予選でアイルランドに勝利し、2010年以来2大会ぶりの本大会出場を決めた。

成績

FIFAワールドカップ
UEFA欧州選手権の成績

監督

オーゲ・ハレイデ Åge Fridtjof Hareide
1953年 9月 23日、ノルウェー・ヘリード生まれ。 現役時代はディフェンダーとしてノルウェー代表で活躍した。ノルウェーリーグで監督経験を積み、 デンマークリーグではブロンドビーを指揮して 2001-02シーズンにリーグ優勝した。 2003年にノルウェー代表監督に就任し、 2010年のワールドカップ欧州予選で成績が振るわずに 2008年 12月に辞任した。 2016年 12月 10日にデンマーク代表監督に就任した。

代表選手-2018年 3月発表 国際親善試合に向けた代表メンバー

GK
1カスパー・シュマイケル
(Kasper Schmeichel)
レスター
(イングランド)
1986.11.5
16ヨナス・ロスル
(Jonas Lossl)
ハダースフィールド
(イングランド)
1989.2.1
22フレデリック・ロンノー
(Frederik Ronnow)
ブロンドビー1992.8.4
DF
3ニコライ・ボイレセン
(Nicolai Boilesen)
コペンハーゲン1992.2.16
4シモン・ケアー
(Simon Kjaer)
セビージャ
(スペイン)
1989.3.26
5リザ・ドュルミシ
(Riza Durmisi)
ベティス
(スペイン)
1994.1.8
6ラセ・ニールセン
(Lasse Nielsen)
マルメ
(スウェーデン)
1988.1.8
13マティアス・ヨルゲンセン
(Mathias Jorgensen)
ハダースフィールド
(イングランド)
1990.4.23
17イェンス・ストリガー・ラーセン
(Jens Stryger Larsen)
ウディネーゼ
(イタリア)
1991.2.21
24ヨナス・クヌドセン
(Jonas Knudsen)
イプスウィッチ
(イングランド)
1992.9.16
25ペーター・アンカーセン
(Peter Ankersen)
コペンハーゲン1990.9.22
MF
2マイク・イェンセン
(Mike Jensen)
ローゼンボリ
(ノルウェー)
1988.2.19
7ウィリアム・クヴィスト
(William Kvist)
コペンハーゲン1985.2.24
8トーマス・デラネイ
(Thomas Delaney)
ブレーメン
(ドイツ)
1991.9.3
10クリスチャン・エリクセン
(Christian Eriksen)
トットナム
(イングランド)
1992.2.14
18ルカス・レラガー
(Lukas Lerager)
ボルドー
(フランス)
1993.7.12
19ラッセ・シェーネ
(Lasse Schone)
アヤックス・アムステルダム
(オランダ)
1986.5.27
23ピオーネ・シスト
(Pione Sisto)
セルタ・ビーゴ
(スペイン)
1995.2.4
FW
9ニコライ・ヨルゲンセン
(Nicolai Jorgensen)
フェイエノールト
(オランダ)
1991.1.15
11二クラス・ベントナー
(Nicklas Bendtner)
ローゼンボリ
(ノルウェー)
1988.1.16
12マルティン・ブライスワイト
(Martin Braithwaite)
ボルドー
(フランス)
1991.6.5
15ビクトル・フィッシャー
(Viktor Fischer)
コペンハーゲン1994.6.9
20ユスフ・ポウルセン
(Yussuf Poulsen)
ライプツィヒ
(ドイツ)
1994.6.15
21アンドレアス・コルネリウス
(Andreas Cornelius)
アタランタ
(イタリア)
1993.3.16

 

W杯を戦う今回のキットは、前面と背面にデザインされた「X」が特徴的。これは宮殿の警護にあたるデンマーク王室の近衛兵が身に付けている“白いクロス”にインスピレーションを得ている。

近衛兵(=軍人)と代表チームは、立場こそ異なるが「国を代表して戦う」という点においては共通すると、Hummelはそう説明する。

クロスは背面にも大きく透かしでプリント。交差する位置が前面と背面では異なるところは、近衛兵のクロスを忠実に表現している。そして首元にも小さな白いクロスを配した。

アウェイキットはいつも通りにホワイトを基調としている。背面はホームキットと同じデザイン。今回の2018年モデルは、右胸に懐かしい「マルハナバチ」のロゴマークが帰ってきた。

首周りや袖口などに少しだけ使われているブルーの存在にも注目だ。近衛兵の色でもあるこの小さなブルーは、W杯初出場の1986年や優勝した1992年の欧州選手権など、過去に好成績を収めた代表チームのユニフォームにも使われていた。

注目選手

最多出場選手 ピーター・シュマイケル(129試合)

デンマーク・グラッドサクセ出身の元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー。20世紀を代表する名ゴールキーパーの一人である。マンチェスター・ユナイテッドFCでは1991年から8年間プレーし、リーグ5回、FAカップ3回、チャンピオンズリーグとリーグカップを1回ずつ獲得した。特に所属最終年の1999年にはキャプテンとして三冠(トレブル)を果たした。デンマーク代表の最多キャップ保持者でもある(129試合)。EURO1992では好セーブで優勝に貢献した。

最多得点選手 ヨン・ダール・トマソン(52得点)

デンマーク・コペンハーゲン出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード。元デンマーク代表。デンマーク代表としては1997年3月のクロアチア戦で代表デビューし、1999年6月9日に行われたUEFA EURO 2000予選のウェールズ戦で代表初得点を決めた。代表チームでは主将を務め精神的支柱としてチームを牽引します。2010年8月8日に代表からの引退を表明した。国際Aマッチ112試合出場は歴代2位 、52得点は前述の通りポウル・ニールセンと共に歴代最多記録である。

 

カスパー・シュマイケル
■所属:レスター・シティ
■背番号:1
■ポジション:GK
■1986-11-05
■185cm/76kg
■国籍:デンマーク

 

クリスティアン・エリクセン
■所属:トッテナム
■背番号:23
■ポジション:MF
■1992-02-14
■175cm/71kg
■国籍:デンマーク

 

ウィリアム・クビスト
■所属:コペンハーゲン
■背番号:6
■ポジション:MF
■1985-02-24
■184cm/80kg
■国籍:デンマーク

 

ニクラス・ベントナー
■所属:ノッティンガム・フォレスト
■背番号:14
■ポジション:FW
■1988-01-16
■194cm/80kg
■国籍:デンマーク

オランダ代表 最近 1年の結果と今後の日程

2017/6/4国際親善試合オランダ50コートジボワール
2017/6/9W杯欧州予選オランダ50ルクセンブルク
2017/8/31W杯欧州予選フランス40オランダ
2017/9/3W杯欧州予選オランダ31ブルガリア
2017/10/7W杯欧州予選ベラルーシ13オランダ
2017/10/10W杯欧州予選オランダ20スウェーデン
2017/11/9国際親善試合スコットランド01オランダ
2017/11/14国際親善試合ルーマニア03オランダ
2018/3/23国際親善試合オランダ01イングランド
2018/3/26国際親善試合ポルトガル03オランダ
2018/9/9UEFAネーションズリーグA フランス vs オランダ
2018/10/13UEFAネーションズリーグA オランダ vs ドイツ
2018/11/16UEFAネーションズリーグA オランダ vs フランス
2018/11/19UEFAネーションズリーグA ドイツ vs オランダ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です